コンテンツへスキップ

カート

カートが空です

St.Maria's Rosarium Bracelet

この1930年代頃に作られたブレスレットには、聖母マリアのメダイと、バラの花がモチーフとされています。

白バラは聖母マリアの純潔のシンボルとされ、多くの歴史的な絵画の中でも題材にされています。

アヴェ・マリアの祈りに使う「ロザリオ」の語源であるラテン語「ROSARIUM (ローサリウム)」は、もともと「薔薇の園」や「薔薇の花輪」という意味。

留め具はスプリングクラスプなので手首のサイズに合わせて留める場所を変えて長さを調整することもできます。

ることで、金属箔がガラスの中でランダムに散らばり、美しい模様を形成する技法です。


⚫︎ 素材| ブラストーンメタル 
⚫︎ 買付国|フランス
⚫︎ 年代|1930年代頃
⚫︎ サイズ|チェーンの長さ(42.6cm) 
⚫︎ 重さ|20g(両耳合計)

セール価格¥15,800

お困りですか?LINEで質問する(対応時間:平日10:00-18:00)